関ジャニ∞・安田章大、濡れ場なしにショボン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--------(--) --:--】 スポンサー広告

関ジャニ∞・安田章大、濡れ場なしにショボン

関ジャニ∞安田章大(24)の初主演舞台となる「カゴツルベ」の製作発表が都内のホテルで2日行われた。「カゴツルベ」は、歌舞伎の演目「籠釣瓶花街酔醒」(かごつるべさとのえいざめ)を元にした愛と狂気の時代劇。舞台が江戸の吉原ということで、安田章大は、花魁(おいらん)役は藤澤恵麻(26)とのラブシーンを期待していたようだが、脚本、演出を手がける毛利亘宏から「濡れ場はない」と告げられ、しょんぼりしていたようだ。



「カゴツルベ」は、「花魁、そりゃあんまり袖(そで)なかろうぜ…」という恨み節が有名な、吉原ものといわれる1つの歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒」が元になっている。安田章大が演じる主人公・佐野次郎左衛門は、吉原の花魁(おいらん)に惚れ、身請けを考えるが、花魁から愛想づかし(あいそづかし)される。

愛想づかし(あいそづかし)とは、女が男のことを思って、自分から身を引き、縁を切ることである。歌舞伎の演目の中でもよく扱われ、男が女の本当の気持ちを理解できず、ふられたと勘違いして、逆上し、女を斬るというパターンになっているようだ。

「籠釣瓶」では、花魁には、情夫がいるのだが、佐野次郎左衛門に片思いをしてしまう。それを情夫に責められ、愛想づかしをすることになる。

恋に破れた佐野次郎左衛門は、故郷に帰り、妖刀を携えて、吉原に舞い戻り、花魁をはじめ、人々を斬り捨てる。

吉原を舞台にした色恋沙汰なので、安田章大が濡れ場を期待するのもある意味当然。共演の西岡徳馬(62)も「吉原の舞台で濡れ場がないなんて。全編濡れ場でもいいくらい」と話していたようだ。(スポニチより)

その他、風間俊介が出演する。

上演予定
東京・青山劇場 2009/3/16(月)~3/31(火)
大阪・NHK大阪ホール 4/16(木)から4/19(日)

ネタ元:
濡れ場なし…関ジャニ∞安田ガックリ(スポニチ)
関ジャニ・安田章大 “ラブシーンなし”に涙…舞台「カゴツルベ」(スポーツ報知)

ジャニーズの舞台としては、色恋沙汰でかなり重い内容ですね。西岡徳馬さんのコメントから察するとあきれている感じもしますね。安田章大さんが関ジャニ∞であること、ジャニーズの舞台であること、そして、春休みを中心に上演されることを考えると、ラブシーンは難しいのかな。ラブシーンはなくても、斬り捨てる場面を多いので、その辺りの演出もどうなるのか。安田章大さんのがっかりの仕方を見ると、はじめはラブシーンも予定されていたのかもしれません。ジャニーズとしては、難しいテーマを選んでしまったのかなという気がします。

芸能界のう・わ・さ!!
篠原涼子 2人目の子作りスタート!?ドラマ復帰は「ハケンの品格」続編か
芸能ランキング8位『Stevieの注目! ニュース芸能』さん
批判集中!辻希美のベビー服ブランドは「誰が買うんだか」
芸能ランキング13位『ワイド芸能ショー』さん
最新芸能ニュースが集まる→芸能広場
関連記事
【2009-02-03(Tue) 09:20】 ジャニーズ

Copyright © 『エンタメ嵐の芸能ニュース』 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
フィードメーター - エンタメ嵐の芸能ニュース
  • SEO
  • loading
  • エンタメ嵐の芸能ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。